HHKBを使い始めました

キーボードの重要性

私のようなプログラマだけではなく、多くの方はパソコンを使って仕事をしていることと思います。 そうすると、毎日キーボードを使って文字を入力しているわけです。 ならば、キーボードは自分の合った物を使ったほうが良いと思います。

f:id:unyonyopochi-snake:20210321005645j:plain:w240
真っ黒ではなく「墨」。肌触りが良い

HHKBとは

HHKBとはPFUが販売するHappyHacking KeyBoardの事です。 フルサイズでありながらテンキーを排して省スペース化されたキーボードで、とても使いやすいのです。

HHKB特徴

  • 省スペースサイズ

    フルサイズのキーボードはテンキーをよく使う人は必要なキーボードですが、私の場合、プログラムを書いたり説明資料を書くことが多いので、テンキーはほぼ使いません。 フルサイズのキーボードをよく見てください。中心は「L]とか「K」が中央ですよね。そうすると、私がフルサイズを使うとすると、手は常にキーボードの左側に寄っていることになり、無駄に姿勢が悪くなります。

テンキーがないキーボードは中央が「H」あたりになり、手が中央に配置されてちょうど良いです。

  • あまり使わないキーは削減されていて需要なキーのみ

 テンキーだけではなくファンクションキーも省略されています。(Fnキーと1キーの同時押しでファンクション1になります)  困る人もいると思いますが、不要な人は不要なキーが無いのは押し間違いが少なくなる点で助かります。

  • 静電容量無接点方式

    ノートパソコンにおおいメンブレン方式に比べて構造的に直接接点に押し付けない本方式は壊れにくいらしいです。  押すと「スコスコ」という音と押した感じがあります。メカニカル式の「カツカツ」とはちょっと違うのですが音が柔らかい感じが好きです。

最後に

プログラマにとってはキーボードは仕事道具であり、最も長く触る文房具です。ならば、多少値がはっても購入してみる価値はあるかと思いますよ。